チェーン店を経営するために必要なこととは?

チェーン店とはどのようなものか

チェーン店とは、和食チェーン、居酒屋チェーンといったように、一つの会社が同一種の基本的には同一の店舗規格となっている店を、様々な地域にチェーンとして展開している、という形の店舗のことを言います。
このためにチェーン店では、お客がそのチェーンのどの店に来店しても基本的に同じサービスを受けられる、という営業方針の元に運営されています。
そのために、チェーン店では店の造りやレイアウト、従業員の制服や接客マナーを統一し、その商品も基本的には同一のものにすることで、このどの店にお客が来店しても同じサービスが提供される、ということを実現しようとしているわけです。
飲食業以外にも、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアといった業種など、チェーン展開されている業種は今では多種に昇 っています。
また、チェーン店では、そのチェーンで共通に使える「ポイントカード」といった、買い物をする度にポイントが加算されるカードを提供することで、そのチェーンのどの店舗で買い物をしてもポイントが加算され、そのポイントをチェーンに属する店舗であればどこでも現金として利用できる、といったサービスを行っているところがほとんどです。

今やチェーン店の筆頭勢力はドラッグストア

近頃はチェーン店が増えてきましたが、その中でも目覚しいものと言えるのが、ドラッグストアではないでしょうか。
チェーン店のはしりといえばコンビニエンスストアでしょうが、最近ではやはりドラッグストア、と言えるでしょう。
このドラッグストアのチェーン店、中にはこぢんまりとした店舗もありますが、たいていは大型店舗になっているので、このために新たに出店された店があると、いやでも目立ってしまうといったものになっています。
ドラッグストアなので、もちろん、販売している主力商品は医薬品であるわけですが、それ以外にも、カップラーメンやレトルトカレーといったインスタント食品や、清涼飲料に、チョコレートやクッキーといったお菓子類に、トイレットペーパーやティッシュペーパー、といったものまで置いているところがほとんどで、薬屋さんであって同時に雑貨屋さん、といった様相を呈しているところがほとんどです。
このインスタント食品類や清涼飲料などが、結構、安値となっていて、スーパーよりも安かったりしますから、これが案外に重宝するものになっていたりすることもあるのです。
また、このドラッグストアチェーンの中には、単に医薬品類を販売しているだけではなく、薬局を併設していて薬剤師を置いている、というところもあります。

Favorite

高松 不動産
http://www.heya.co.jp/
探偵 神戸
http://www.horiuchichosa.com/
中学生 留学
http://www.nexsis.jp/
美容整形 銀座
http://www.athenaclinic.net/
奈良 リフォーム
http://www.rossetto.co.jp/
川崎市 訪問歯科
http://green-dental-clinic-kuji.jp/
盗聴器 発見
http://www.hunter-zoro.com/
アニメ専門学校
http://www.dat.ac.jp/

Last update:2016/2/4

Copyright 2015 Chain Business. All Rights Reserved.