消費者金融NAVI

消費者金融を選ぶ

当サイトでは、「お金を借りたいけどどこに借りればいいかわからない・・・」そんな方にご利用目的に合った借入をしていただけるよう消費者の目線に立って、各カテゴリー別に比較し、わかりやすくランキングで紹介しています。
様々なランキングを参考にしていただければ、必ず自分にあった消費者金融が見つかります!


消費者金融人気ランキングTOP12!

プロミス

実質年率4.5%~17.8% 融資限度額1~500万円

24時間来店不要!スピーディな審査が人気の秘密!最短3秒で診断結果が出るので、急いでいる時も安心です。
プロミスポイントサービスに登録で30日間無利息で利用可能!



アコム

実質年率4.7~18.0% 融資限度額500万円

金利改定後、他社を圧倒するほどの低金利実現!
更に、申込みの際の入力項目が少ないアコムなら、スピーディに申し込み作業を行う事が出来ます!お急ぎの方にもピッタリです!



新生銀行カードローン レイク

実質年率4.5~18.0% 融資限度額500万円

新規契約の方なら「30日間無利息」 or 「お借入額のうち5万円まで180日間無利息」が選べます。
5万円までの借入であれば、180日間無利息で利用するこができます!返済日メールサービスなどもあるので初心者の方にもお勧めです。



三井住友銀行カードローン

実質年率4.0~14.5% 融資限度額800万円

最短30分でカードの発行が可能なので、三井住友銀行の口座を開設していない人でもOK!金利も4.0~14.5%低金利なので気軽に利用する事が出来ます。借入・返済はローソンやセブン銀行などのATMからも出来るので便利です!



アイフル

実質年率4.5%~18.0% 融資限度額1~500万円

アイフルは全国に店舗を持っているので、借入や返済をより便利にスムーズに手続きを行うことができます。
また、1000円から借りられるので使い勝手がいいです。



バンクイック

実質年率4.6~14.6% 融資限度額500万円

最高500万円まで融資可能でありながら、年利4.6~14.6%という低金利が魅力の三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)!
更に提携コンビニATMの手数料が0円というのも嬉しいポイントです!



セゾンファンデックス

実質年率6.5~17.8% 融資限度額500万円

「VIPローンカード」「おまとめローン」「不動産担保ローン」の三種類が用意されているセゾンファンデックス!即日振込希望の方にはVIPローンカードがお勧めです!年収3分の1を超えた融資が可能なおまとめローンがお勧め!



オリックス銀行カードローン

実質年率3.0~17.8% 融資限度額最高800万円

<店舗に行く必要がない所得証明書必要なし保証人なしの条件が3拍子そろっていることが特徴です。
書類の手続きが必要ないので、時間のない人でも気軽に利用できます。



楽天銀行スーパーローン

実質年率4.9~14.5% 融資限度額500万円

入会をするとお得なポイントキャンペーンを行っています。
なんと、楽天スーパーポイントを1000ポイント貰えるという、楽天を愛用している人にとってすごく嬉しいプレゼントです。




消費者金融おまとめサイト!

消費者金融ってどうなの?
消費者金融を利用したいけどちょっと心配・・・
当サイトでは、そういった方のために、消費者金融に関する様々な情報をまとめてみました!
消費者金融業者の情報や、消費者金融にまつわる基礎知識、知っておくと便利な豆知識など、様々な情報を掲載しています。
当サイトを見れば、消費者金融に関する疑問や不安も即解決しますし、自分に合った消費者金融を見つけることが出来ます!
消費者金融を検討している方は、是非ともチェックしてみて下さい。


消費者金融の基礎知識

消費者金融の注意点

消費者金融は非常に便利なものではありますが、正しく利用しなければ、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性や、取り返しのつかない事態に陥ってしまう可能性もあります。 ですので、消費者金融を利用する際には、いくつか気を付けなければいけない点があるのです。
いくつか注意点をご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。
〇闇金融には申し込みをしない
消費者金融の中には、非常に高金利な貸付を行う業者も存在しています。
闇金融と呼ばれている業者のことです。 そういった闇金融に申し込みをしてしまうと、いつまでたっても返済が終わらなかったり、思わぬトラブルに発展してしまう危険性があります。 非常に低金利な誇大広告をしている業者などは闇金融である可能性が高いので注意しましょう。
また、賃金協会に加盟をしているか否かを確認してみるのも有効です。
世の中には、たくさんの消費者金融が存在しています。
何も調べずに適当に申し込みをするのは非常に危険ですので、きちんと調べてから申し込みをしましょう。
また、現在の自分の収入で無理なく返済していけるかどうかも確認するようにしてくださいね。
〇返済日は必ず守りましょう
消費者金融で借入を行った場合、必ず返済日が決められます。 その返済日を守らないと、遅延損害金として非常に高額な金利が発生してしまいます。
更に消費者金融からの信用をも失ってしまいますので、その後利用出来なくなってしまう可能性もあります。 必ず期日を守って返済するようにしましょう。



消費者金融でのカードローン・キャッシングのコラム

払いすぎたお金

テレビのCMなどでも耳にしたことがある言葉で過払い請求というのがあります。
結果を言ってしまいますと、できます。しかし、条件がいくつかついてきますがね。
まずは、法廷改正によりグレーゾーン金利が廃止される前から契約をしていて、返済を行ったことがある方、今の金利上限が18%なので、こうなってから契約した方は適用されません。あてはまるかたでも、短期間で返済を終えてしまった方にはオススメはできないですがね。
元金と利息が減額される程度ですので、手間を考えると微々たるものになってしまいます。
過払い金請求は自分でもできますが、大半の方が弁護士に交渉を委託し、裁判所を通さずに債務整理を進めてくるのが一般的ですね。なので、債務整理で大幅に返済額を減らすほうが、お得になってしまいます。

知って得する利息の計算式

カードローンの返済には利息と元金が合計された、金額を支払う仕様になっています。
利用している、カードローンの利息を知ることはとても、大事なことだと思います。
でも計算方式がわからないよ~なんて方もいると思うのでここで覚えて、これからの返済やカード選びに有効活用していきましょう。
計算式は単純なもので、元金×金利÷365×借入期間で計算できてしまいます。
当然短い日数で返済できれば利息は安くなりますが、一度に返済する額が大きくなるので、生活に支障がでる可能性があります。
なので、利息のために無理をして、返済するのもいいのですが無理をせずに計画的に返済するのが、最大の近道であると考えられます。

外国人でも借りれるカードローン

永住者の認定要件が大幅に緩和されたことにより、日本で外国の方を見かけることも珍しいことではなくなりました。外国人といっても、同じ人間なのですから、お金がなくては、生活ができませんよね。
そんな外国人の方でもカードローンを作ることは可能です。ただし条件が少々変わってきますがね。 まず第一に永住権を得ている方でないといけません。就労ビザだけでは残念ながら借りることができません。もう一つ必要になるものが、本人確認書類です。
日本人の場合ですと、運転免許証などでよいのですが、外国の方の場合ですと、特別永住者証明書が必ず必要になってしまったのです。後は日本人と同じで収入が証明できるものです。
借入先に関しては銀行系が多いようです。審査には多少時間がかかってしまいますが、手に入れた時は極上の日本生活が待っていますよ。

カードローンのデメリット

世の中の仕組みで、デメリットがないものは存在しないといってもいいでしょう。
カードローンにも当然デメリットが存在してしまいます。しかし、デメリットを知ることにより、より一層賢く使用することができてしまうのです。
一番は中々返済が終わらないことでしょう。カードローンは返済が完済していなくても限度額の範囲内であれば、何回でも借入ができてしまうからです。長く使用している方はご存知でしょうが、自分の預金から引き出す感覚になってしまうのですね。
これが一番してはいけないことなのですが、陥りやすい現象といわれてます。 逆に考えれば何回でも借入できるのがメリットにもなってしまいますがね。 もう一つは意外と金利が高いということです。長期にわたって返済すればその分持ってかれてしまうのですから。
このようにデメリットを知ると使い方も自然と変わって良い方向にむかうのですね。